上がるのが当たり前

100%


7/1 テスト結果(第2陣)

定期テストの結果が出そろいました。
当塾の数学の平均点は

1年生 94.5点

2年生 94.0点

3年生 99.3点

全学年平均 96.8点

という結果でした。
今回、全学年で最も低い生徒で94点。全体の4割以上が100点です。

 

泉中の3年生で98点(自己ベスト)だった生徒に「おめでとう!!やるじゃねーか」とハイタッチした後、聞いてみました。

「うちの塾の今回の3年生の平均、何点だと思う?」

「えぇ・・・。もしかして99点とかですか?」

「99.3点だよ」

「(苦笑)」

彼はせっかく正答率の低い問題が合っていたのに、他で答えの書き間違えというミスをやらかして2点落としてしまいました。
今回テストがあった3年生は泉中2名と南高中等部1名の3名のみ。他は全員附属中なので、3年生としては塾始まって以来最も少ない人数でのテストでした。
他2名は100点。
以前は6人中5人100点で1人だけ98点ということもあったのですが、なかなか全員100点まではいかないもんですね。

 

点数だけ見ると優等生ばかり集まっている塾に見えると思いますが、入塾時点では数学が全くできなかった生徒や算数の時点で問題大ありの中1も多数混じっています。
そういう生徒たちをも軒並み90点以上に持っていけるのが当塾の指導です。

 

夏期講習につきましては、3年生の募集は締め切っております。
ただし、秋田高校を受験する予定の生徒のみまだ枠はあります。

 


当塾は毎年3年生の募集を早々に打ち切っており、席があってもお断りするようにしています。
と言いますのも、今まで当塾で散々基礎を叩き込まれた生徒が多数の状況の中、今から基礎を教え込まなければならない3年生が混じってくると足並みが乱れ、結果的にどちらかのレベルに合わせなければならない状況になってしまいリソースが分散されます。
するとこれまで頑張ってきた生徒が割を食う形となってしまうので、今いる生徒を大切にしたいという考えから早々に締め切っているという次第です。
そういった事情があるため、当塾を検討している方にはなるべく1~2年生のうちに入ってほしいと考えているわけです。
通常の募集は3年生に上がるタイミングが最後となります。

ただし、例外的に秋田高校を受験する予定の生徒、またはそれに準じたレベルの生徒は別です。
この場合は基礎がすでに出来上がっていますから、すぐに現メンバーと同じことをやらせても大丈夫で、足並みが乱れるということが起こりません。
そのため、レベルの高い生徒の場合のみ途中参加OKとさせていただいております。

 

もしご検討中の1~2年生がおりましたらお早めにご連絡ください。
3年生は締め切っておりますが、1~2年生は募集しております。
残席は1~2年生ともに残り2席です。
秋田県で最も数学を伸ばすことができる塾。必ず点数を上げますよ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

中・下位層の成績が飛躍的に上がったという話を多く書いているので、ここからは上位レベルの、それも転塾してきた生徒の話をします。


これまで当塾の卒塾生のうち、能開さんの上位クラスから転塾してきた生徒達は100%全員が、能開さんの模試か全中模試、またはその両方で秋田県数学1位を取るまでに成績アップを果たしました。
いずれも能開さん在籍時はあまりパッとせず、上位の順位など一度も取ったことがない生徒たちです。
それどころか成績が下降線をたどって能開さんでクラスを落とされた生徒もいる中、当塾に来てからV字回復を果たして模試で1位まで上り詰めています。
能開さんをやめてうちに来てから、です。
それもたまたまそういう人がいたという話ではなく、全員そうなっています。


卒塾生ではなく今いる生徒では、当塾に来る前はいつも能開公開模試の数学で県内50番台ぐらいだったところ約半年で10番以内に入るまでに成長しました。
能開さんだけで数学を教えてもらっていた頃はそれに近い順位など一度もありません。
当然です。
今は私が教えているんですから。
あの頃より上がらないわけがない。

 

別に能開さんが下手とか悪いとかいう話ではありませんのであしからず。
良いと思いますよ。能開さんの指導も。
単に私が抜きん出ているというだけの話ですから、私と比較したら能開さんに限らずどこだってそうなります。



一つ宣言します。
今後、能開さんの上位クラスで数学あるいは算数を学んでいる生徒のうち、もし小4~中1までに転塾してきて卒塾までに能開在籍時より模試の順位が上がらなかった生徒がいたとしたら、入塾時までさかのぼって全額返金します。
中・下位層だけでなく、上位層も含めて、どんな生徒であっても必ず能開模試の数学で過去最高順位を取らせます。

 

例えば能開模試でいつも数学11位~30位あたりをうろうろしている生徒。
10位以内に入りたい!って思うでしょ?
入れますよ。スタディーイノベーション数学教室なら。


なぜそこまで言い切れるのかというと、簡単な話です。
今まで教わっていたのが能開さんで、これから教わるのがスタディーイノベーション数学教室。
なら結果はやる前からわかるじゃないですか。

 

英数学院さんも、です。
というか、英数さんには言いたいことが山ほどあるのですが・・・

 

いいや(笑)

 

 

 


数学の指導においては当塾が秋田県で本当に一番であることを、証明し続けます。

 

 

 

 

6/11 テスト結果(第1陣)

早い学校では既に今年度1回目の定期テストが終了し、結果が出ました。

当塾では土崎中と南高中等部の各1名ずつのテストが返却され、どちらも数学は100点。

 

土崎中の生徒が入塾したのは昨年8月のテストが終わった後で、その時の数学が76点でした。

それ以降今回まで3回定期テストがあり、結果は入塾前76点→100点、94点、100点で、平均98点です。
 

現在塾に通っていて数学70点台の生徒であれば、当塾に入った途端に90点~100点の点数しか取らなくなります。
他塾では『それだけ上がる人も中にはいる、そうでない人もいっぱいいる』というのが普通ですから当塾の実績はウソみたいに聞こえるのではないでしょうか。
しかし普通の公立中であれば70点以上で入った生徒は毎年必ずそうなっています。
どうすれば上がるのかが明確にわかって指導していますから、どんな生徒が入ってきても何度でも再現できるわけです。
40点台~60点台で入ってくる生徒も、数学は最低でも40点以上の点数アップまたは80点以上の点数ばかりを取らせることができます。3か月以上通った生徒は、これまで例外なく全員です。


数学で伸び悩んでいる中1・中2の方、それから算数が苦手な小学生は迷わずウチの塾に来てください。
同じ料金で70点しか取れないのと毎回90点~100点取ってくるのと、どちらの方が良いでしょうか。
5教科を習いたいならともかく、数学を何とかしたいなら塾選びで迷うことはありません。スタディーイノベーション一択です。
どの点数帯の生徒でも、私は必ず成績を上げることをお約束致します。

 

 

 

もう一人100点だった南高中等部3年のK君は小6から私がみっちり鍛え上げており、中学入学後はしょっちゅう100点を取ってきています。
先日の模試(全統中)では数学で秋田県2位、それも、最後の2ページがまだ丸々残っているのに気づかずてっきり全問終わったと思い込んで2ページ全問不正解となっていて2位です。

模試が終わって結果が出る前の話。

「先生、模試のとき時間が余ったんですけど、最後のページがまだあるのに気づかなくて・・・」

「そりゃおめー、あれだろ。わざとだろ。「オレだったら2ページやんなくてもどうせ相手雑魚ばっかだから1位取れるべ」っつって余裕こいて他の人にハンデつけてやったんだろ?」

「いや・・・違います(笑)」

「じゃあなんでやんねーんだよぉぉおお」

「すみません、気付かなかったです」

「時間どのくらい余ったの?」

「10分・・・くらいだったかな・・・」

「んで、この2ページ簡単そうに見えるけど、おめー10分あれば解けるよな?」

「はい、解けます(笑)」

「解けよオラァーー!」

 

200点満点のテストですから1問当たりの配点が高い。どうやら1位と10点くらいの差だったようなので、解いてたら1位だったという話。

なお、同じく今回全統中の模試を受けた他の学年の生徒で、今回もまた秋田県数学1位を取ってきた生徒がいます。
こちらもやはり小学生の頃から当塾でしこたま頭を鍛えまくっており、かつK君と違って抜かりなく勉強に力を入れているので、もはや鬼に金棒状態。
亀とウサギの寓話で例えるなら、めっちゃ速いうえにさぼらないウサギと言いましょうか。
そりゃあ、負けません。

 

一方のK君は遊んでばかりです。
しかし彼は遊びの中から頭を使って頭を良くしていくということができているので、今は無理に勉強漬けにせず伸び伸びとやらせています。
塾内では集中してやっていますから。
他にはエクセルのマクロでのプログラミング課題などを出し、いわゆる勉強以外のことを積極的にやらせています。
これも学習の一環で、要は生徒の興味に合わせて『頭が良くなること』であればどんな題材でも構わないと思っています。
数学の宿題は今年に入ってからほとんど出してないですね。家でやらずとも塾の課題だけで常に学年トップクラスの点数を出していますから、今は他の楽しいことをするように仕向けています。
好きこそものの上手なれ。
彼は楽しんで頭が良くなっていっています。

ちなみにK君は今回定期テストで数学100点でしたが、テスト2週間前からは数学を一切やっていません。
塾でも家でもです。
私の判断で、ノー勉で軽く90点以上取れると判断したので他の科目ばかりをやらせました。
もっと言えば、テスト範囲となっているあたりは塾では去年履修済みで、この範囲の内容は半年くらいやっていません。
他塾の指導にありがちな『やり方を一個一個教えまくって暗記して当てはめて解く』というようなことをせず、根本を理解してその都度考えて導き出しているので、そもそも『やり方を忘れた』という現象が起こらないのです。理系の人は大体そう解いています。
『やり方を一個一個暗記して当てはめて解く』がベースになっていると、習ったやり方を忘れた途端に手詰まりになります。
のみならず、教わっていない初見の問題には対応できません。

翻って、模試や入試では必ず初見の問題が出ます。
これに対応するには、やり方を記憶から掘り起こして解くのではなく、その都度状況を考えて解くという力が必要になるわけです。
こういうことができていれば、K君のようにだいぶ前に履修済みの内容でも問題なく解けます。

 

当塾では『習ってなくても、考えれば解ける』というギリギリの問題を普段から出すようにしており、解くために必要な知識(材料)の教え込みは最小限にとどめ、それを自分で組み合わせて解かせるようにしています。
わからないから教えてくださいと言われても、ヒントしか出しません。あくまで自分で考えさせる。
解説を読んだうえで「なんでこうなるんですか?」という、根本の理由を聞いてきた場合のみ、懇切丁寧に理屈を教えます。それ以外は自分で解決させる。
だからとにかく頭を使います。

こういうことを年単位で繰り返すことによって、徐々に「習ってないからわからない」などと言わないような、柔軟な思考ができるようになってきます。 初見の問題にも強くなる。
だから、当塾で中1初期からいる生徒は、中3で必ず実テの数学90点以上を複数回取れるようになるわけです。これは秋田高校を受験する生徒レベルに数学は達していることを意味します。
算数がまるでできなかった生徒や最初30点前後だった生徒でもです。

 

これからまた泉中や山王中を含む第二陣の定期テストの時期に入りますので、大量にご褒美のチーズケーキを焼くことになるでしょう。
塾生の皆さんはゲットできるよう高得点を目指して頑張ってください。
というか、指示通りやってくれさえいれば必ず高得点になりますから、普通にやっていればゲットできます。

 

 

 

 

3/21 チーズケーキ

当塾では高得点が取れた生徒にチーズケーキを作って渡すようにしています。

 

当塾に入ると皆高得点しか取らなくなるので、チーズケーキ目標をかなり高めに設定しても大半は達成して持って帰ることになり、チーズケーキは毎回順番待ちになります。

 

2月の定期テストから約1か月くらいかけて、昨日ようやく達成者全員に行き渡りました。

 

 

 

ハーゲンダッツバニラを2個入れて作るオリジナルレシピのケーキです。
試行錯誤を繰り返して練り上げたレシピで、なかなかいい味を出しますよ。

原価で1300円くらいするので、はっきり言って店でケーキを買ってきた方が安いという代物。
費用はすべて自腹です。

 

チーズケーキのご褒美は18歳のときに家庭教師のアルバイトを始めたときから続けており、これまで通算850個以上のチーズケーキを焼いて生徒に渡しています。
 

 

 

 

ケーキの原価だけで既に100万円を超えていたことに、最近気づきました。

 

 

おお・・・・
クルマ買えるやんけ・・・

 

 

 

 

3/12 合格実績とは 

当塾から秋田高校や南高校に進学した生徒は何人もいますが、実はそれを公表したことは一度もありません。
その理由は、私の中でこだわりと言いますか、合格実績というもの自体に疑問があるからです。

明日合格発表という時期だからこそ、敢えて公開します。

 

「合格実績って何だろう?」

 


 

 


※上の画像をクリックすると、3月7日~8日配布の折り込み広告(問題付き)が開きます。算数・数学に自信のある方は是非考えてみてください。
解答解説を見る前に、10分以上は考えてから見ることをお勧めします。
解説は塾長の加藤が行っております。以下の動画をご覧ください。

解法1(8:11)

解法2(5:59)

解法3(1:52)

解法4(3:16)

解法5(4:15) 円周角の定理を使った斬新な方法です

答えは動画中にもありますが、このページの一番下にも記載しています。

 

 


 

スタディーイノベーション数学教室は、中学校数学専門の学習塾として2012年に開業しました。
秋田県で唯一、「3か月以上通った生徒は必ず伸びる」「例外はない」という特徴を持った塾です。
それも、他塾のようにちょっと上がっただけで「上がった」の数に入れたりはしません。
入塾前に50点前後だった生徒ならば最低で80点、ほとんどの生徒は90点~100点まで上がります。
入塾前から90点以上ある生徒は実テや模試で順位アップできるよう指導し、こちらも90点以上や県内順位1ケタなどを達成させています。



また、現在は中学生のみならず、小学4年生から『頭が良くなる算数講座』も行っております。
こちらは頭の回転の速さと理解力を高めるための授業です。
特に受講していただきたいと思っている対象は、ゆくゆくは秋田高校を考えている小学生、それから中学以降の内容についてガリガリ勉強しなくてもすんなり物事がわかる理解力を身に着けたいという小学生にぜひ受講してほしい内容となります。
要は小手先のテクニックではなく『考えること』によって物事を解決できる人間の育成と考えていただいて結構です。長期的に見て、高校や大学、あるいは社会に出た後に活きてくる能力です。


なお、過去にこれを受講して中学に上がった生徒は全員数学で100点を複数回(それも全員附属中か南高中等部のテスト)と、模擬試験において秋田県で数学1位の両方を達成しており、付け焼刃の知識ではなく本物の思考力を身に着けています。
詳しくはお問い合わせください。

 


3/6 驚愕

「エッ!!?」

それを見た時、素で声が出ました。

驚きです。

 

 

秋田魁新報社によると、今年平成31年度の秋田県の一般入試受験者数が、県内で5,356人だったそうです。

 

 

あれ?
何年か前まで6,000人は超えてなかったっけ?

気になったので調べてみたところ、平成27年度入試の受験者数が6,321人でした。

 

 

 

なんで??

 

 

たった4年で中3の数が1,000人くらい減っています。

ウソだろ・・・

 

人口が30,000人から1,000人減って29,000人になったとしても、「うわぁ・・・。だいぶ過疎ってきてるな。大丈夫か?」という印象は否めないのですが。

中3が6,300人から1,000人減るなんて。
4年で。

 

 

ヤバスギでしょ・・・

 

 

こりゃ20年後にはもうほとんどいねんじゃねーかな。中学生。

 

 

 

冗談はさておき、高校入試問題については、数学は例年並みの難易度ではなかったかなという印象です。
本日は中3最後の授業として入試問題の解説を行い、これにて卒塾となります。
お疲れさまでした。

 

今年の卒塾生は8名。
責任をもって点数を上げるという約束をしている以上、あんまり大人数を受け持つことはできないため、毎年これくらいの規模でやっています。

塾に入った時点では半数の生徒が簡単な定期テストでさえ60点前後でしたが、入塾後は一気に点数が上がり、最終的には全員が実テで数学90点以上を取ることができました。
伸びたなぁという印象です。

みんなよく頑張りました。

このうち3年間在籍した生徒が2名、いずれも、11回の定期テストで数学の点数が1060点と1062点でした。

悪かった方の生徒でさえ、3年間で計40点しか間違えておらず、11回のうち6回は99点か100点です。

 

今年が特に良かったわけではなく、当塾では毎年こういうのが当たり前です。
開業以来、中1初期から卒塾まで在籍している生徒は1人の例外もなく全員が秋田高校受験者と同じくらいのレベルまで数学ができるようになっています。
数学がここまで伸びる塾は他にありません。

数学を得点源にしたい生徒、お待ちしております。

 

 

 

2/20 もうすぐ入試 

1月下旬に行われた模試の結果が後日受験組も含めようやく出そろいました。
当塾からすでに前期の合格を決めている生徒のうち1名が数学で秋田県1位を達成し、非常によく頑張ったと感心しています。

おめでとう!

 

この生徒は、中2の11月下旬に当塾に入ってきました。近くの公立中学に通う生徒です。
それまでの数学の点数は、中2の1回目の定期テストから順に67点、66点、62点と平均ぐらいの点数できており、もっと上げたいということでした。

見ての通り点数自体はごく普通の、まさに『ザ・平均』という感じです。
またご存知の方も多いと思いますが、普通の公立中学の定期テストというのは実テや模試・入試に比べて難易度はだいぶ低く、正直そのテストで60点台というのは上位層とは程遠い点数と言えます。
むしろ、基礎しかわかっていないレベルです。

 

しかし塾に入ってからの彼の勉強に対する姿勢はなかなかのものでした。
「どうしてそうなるのか」という理屈の部分を重視して質問してくるため、伸びる生徒の特長を持っているのがわかります。
入って2週間で「この生徒は相当伸びるな」と予感しました。

 

その後、迎えた定期テストは2年生の4回目から順に、100点、97点、100点、100点と、全4回中3回100点という点数をたたき出し、実力テストにおいても全8回の実力テストの平均が86.9点(秋田高校受験者レベル)、そして最後の模擬試験では数学94点で秋田県1位を達成しました。

 

繰り返しますが、中2の11月に入った時点では『普通の公立中の定期テスト』でさえ60点台しか取れなかった生徒です。
それも、もともと良かった生徒が1回だけ60点台まで下がったのではなく、ずっとその点数でしたから、レベル的にはほんとに平均ぐらいの生徒です。

ここから当塾で鍛えた結果、模試で94点を取って秋田県1位というわけですから、これは相当伸びたと言えるでしょう。
ちなみに、過去に数学秋田県1位を能開模試で2回、全中模試で1回達成したことがある生徒は答えの書き間違え2個を含む凡ミスで12点落として今回7位でした。
いずれもよく頑張ってきたと言えます。

 

一般入試まではあとわずかですから、残りの期間、勉強を楽しんでくれればと思います。
意外とね、この時期本気で取り組んでいると、『楽しいな』って思うことってあったりするんですよ。
これまでより圧倒的に本気で取り組んでいますからね。今までよりわかりがいいんです。それで解決した内容があるたびに、ちょっと嬉しかったりするわけです。

当然心配や焦りもあるでしょうが、それも含めて残り期間を楽しんでください。

 


 

現在、当塾は開業以来最も『附属小・中』の生徒が多い状況となっています。
受験生を除く小4~中2までの学年は実に7割以上が附属で占めており、なかなかの実力の持ち主が揃うようになってきました。

これまでずっと『維持ではなく、上げること』を徹底的に取り組んできたおかげで徐々に上位層の生徒の親御さんたちに認知されてきたものと考えております。
ありがたいことです。

去年は年間を通じてチラシを1度しか発行しておらず、現在ほとんどが口コミで入っている状況で、非常に嬉しく思います。

これから塾を考えている方、数学に関しては当塾がダントツで伸びる塾ですから、数学に不安を感じているなら迷わず当塾に入ったらいいですよ。

私が調べられる範囲では、ウチより数学が上がる塾はないようです。
開業から最低5年はこういうことを言わずにずっと我慢しようと思って書きませんでしたが、7年近く経った今でも『当塾より上がる塾』の存在がいまだに確認できませんので、これからは堂々と名乗ります。

 

スタディーイノベーション数学教室が、秋田県で一番数学を伸ばせる塾です。

 

もっと伸ばせる塾がありましたら是非教えてください。
3か月以上通った生徒の中で、数学で40点以上の成績アップまたは80点以上の得点を取らせることができなかった生徒は開業以来ゼロ、かつ80点どまりの生徒はほとんどおらず大半が90点~100点を取り、中1初期から通っている生徒は実テにおいても必ず90点を超えています。

数学ができるようになりたい生徒は当塾にお越しください。
責任をもってできるようにさせます。

 


 

1~2年生の定期テストがぼちぼち返ってきています。
私から見て今回の附属中1年のテストは割と易しかったように見えたのですが、平均点は70点止まりだったようですね。
もっといくかと思っていました。

 

今回95点だった生徒にハイタッチで迎えた後、「ん~~~????あれ、100点じゃねーじゃねーかよぉぉぉおおお今回簡単だるぉぉぉおお????ああん???」とおめでとうの気持ちを込めながら冷やかし口調で話したところ、「いや、これでも90点以上はうちのクラスに2人しかいなかったみたいなんです。僕ですよ僕」と照れ笑いしながら話してくれました。


現在附属中1年は塾内に5名おり、90点以上が3名、ギリギリ90点に届かずが1名という結果でした。
あとの1名はまだ入ったばかりでそんなに良くなかったものの、次回で高得点組に入れることはわかっていますから、私は心配していません。
次がんばろうな!

 

しかし100点が学年で2人しかいないというのが意外でしたね。もう少しいるかと思っていました。1名は当塾の生徒です。
ちなみにこの生徒は小6のときにみっちり鍛え上げた生徒で、附属中の定期テストの数学はこれまで98点、100点、100点、年間平均は99.3点と、非常に優秀です。

 

 

これから塾を検討されている方へ。
数学は積み重ねの科目ですから、極力早い段階で攻略できるようにした方が良いです。
悪い点数になったのを確認してから塾に入っても、負担を後回しにしているだけですからきつくなる一方で、はっきり言って数学は後から点数を上げるより最初からいい点数を取り続ける方がよっぽど簡単な科目なんです。
これから塾を検討されている方はよく吟味した上で塾を決めてください。
なお、当塾なら必ず高得点を取らせることをお約束します。

 

こんな約束ができる塾はスタディーイノベーション数学教室だけです。


スタディーイノベーション数学教室は「必ず数学ができるようになるよ」と最初の面談時に約束し、数字で示して子どもに自信をつけさせる塾です。

 


 

学習塾は結果がすべて

当塾の実績を簡単に列挙すると、

  • 開業以来、3か月以上通った生徒は全員が40点以上の点数アップまたは80点~100点の点数を取っています。全員がどちらか一方または両方を達成。付け加えると、附属中も含め学年最下位層で入ってきた生徒もこれを達成しています。
     
  • それも『取ったことがある』ではなく、一度その点数になったら元の点数に下がることはありません。ずっと高い水準をキープしています。
     
  • 入塾時は定期テストが40点~60点台(平均以下)で入ってくる生徒が多い中、当塾で学んだ彼らの平均点は毎回80点台後半~90点台の点数になっています。開業以来どの年度のどの回を見ても、塾内平均が80点を割ったことは一度もありません。9割前後が多いです。
     
  • 実力テストにおいても、中2~中3進級時までに入塾して卒業までいた生徒のうちほとんどの人が実力テスト40点以上UPまたは80点以上の点数を取っています(本格的に実テ対策をする前の段階で辞めてしまった生徒はその限りではありません)。
     
  • また、特筆すべきは中1前半から卒業まで在籍した生徒はこれまで一人の例外もなく全員が実力テストで数学90点以上を複数回取っているということです。これは他塾ではまず達成できないでしょう。定期テストで全員の点数を上げることよりはるかに難しい上、目先の知識だけではなく、同時に思考力を高める指導ができなければ達成不可能だからです。
    この中には中1初期の定期テストで2回連続30点台という学力で入ってきた生徒や、小学生時代に周りから「頭の悪い子」扱いをされていた生徒もいますが、その生徒たちも含めて全員が実力テストで数学90点以上を複数回取ることに成功しています。当然のことながら、その生徒たちは中1~中3までの定期テストはほとんどの回で90点~100点です。
    『中1初期から卒業までスタディーイノベーションに通う』という条件を満たしただけで、例外なく3年生の実力テストも高得点を取れるようになっています。

     

 


の桁外れの実績は、他塾には実現できません。
数学が苦手でも関係ありません。スタディーイノベーション数学教室ならどんな生徒でも点数を上げることができます。


 

当塾のホームページやチラシ・看板に書いてある『点数アップに責任を持つ塾』は、開業時から標榜しています。
実際にその通り成績を伸ばしているのですが、これは何もできるようになってから言い始めたキャッチコピーではありません。
できるから、最初に書きました。

 

上がりますよ。
上位層も、中・下位層も。どの塾よりも。
最初の面談で点数アップをはっきりとお約束できるのは、当塾だけです。

 

きっとこれを見ている中学生にも、友人で数学30点前後の人がいるのではないでしょうか。多くの中学生は点数だけで「あいつは頭が良い」または「頭が悪い」と判断しますが、もしそれまで頭が悪いと思っていた30点前後の人がいきなり90点以上取って越されてしまったらビックリしませんか? 当塾ではこれが毎年起こっています。


他塾の広告で「通い始めてから数学が20点アップしました!」とか大きく書いているのを見ると、ええっ!20点!?と少々驚いてしまいます。
うちの塾で20点しか上がらない生徒が何人も居たら私はショックで落ち込みます。

 

当塾では、最初の面談の際に保護者の目を見ながら「必ず点数は上がりますよ」とはっきり伝えます。こんなことはもし上がらなかったらトラブルになりますから普通の塾では真似できませんが、当塾はそれも承知の上で点数アップを約束します。看板に掲げている『点数アップに責任を持つ塾』とは、適当に付けたものではありません。塾長の覚悟です。
どんな生徒でも必ず点数を上げることができるので開業時に看板に書きました。そのノウハウは再現可能な方法論に則ってやっていることですから、当初の想定通り点数が上がらなかった生徒はゼロ。今後も上がらない生徒は出ないでしょう。



広告を出すと毎回、「いま他の塾で習ってるんですけど、点数が下がってきたので・・・。ウチの子でも上がりますでしょうか」と電話をいただきます。
安心してください。他塾で上がらなかった生徒でも、当塾なら上がります。3か月以上通って上がらなかった生徒は一人もいません。


当塾では特に、数学が40点~80点で入った場合大幅な点数アップが期待できます。ほとんどの生徒は入塾後一発目のテストから結果を出しています。

数学に不安を感じている人、一緒に学んでいきませんか?
当塾なら、きっとその不安を解消できるでしょう。
数学を得点源にしたい方は当塾へお越しください。

ただし、当塾は全員の点数アップに対して責任を持つためあまり大勢に対して指導することはできません。少ない人数に対して責任のある指導を致しますので、募集定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
また、現在中学生は定期テストで数学40点未満の場合、入塾をお断りさせていただいております。
学年は小4から受け付けております。

小学生講座の詳細はこちらの特設ページにあります。


 

スタディーイノベーション数学教室
〒010-0918 秋田県秋田市泉南1丁目6-14
018-893-5350  (電話受付 15:00〜23:30)
駐車スペース4台 (隣接駐車場の1番~4番)
※もし電話をかけても通話中または出ない場合、申し訳ございませんが時間をおいてかけ直していただきますようお願い致します。
番号通知ありでかけていただいた場合、後程こちらから折り返します。


 

チラシ(ひらめき力を試す三角形)の答え

40°